MUSIC NOTE

主に音楽(アイドル)の話をしています

2018年への覚書

アイドル音楽だけじゃなくgood musicへ、それを探しに右へ左へ、楽しいものを、ただ楽しく楽しみたい。ということでゆるっとライブに行くであろうところ、行きたいところを上げておく。

 

Maison book girl

いわずもがな、推してるグループの一つ。「言選り」もリリースされ、進化(深化)が加速していて、出会うタイミング節々で、ああすごい、ああすごいと思い知らされるグループ。プロデューサー・サクライケンタによる楽曲だけでなく、それを表現する四人の意思、力強さは見るたびに、毎回違う発見があるから足を運ぶことをやめないのだと思う。またカオティック・スピードキングとのバンド編成では、オケ音源とはまた違う生音とのコラボレーションにより別の表情を見せるため、飽きることもなく見に行くことができる。


Maison book girl / 言選り / MV

 

パスピエ

ドラムスの脱退が契機により、サウンドは先鋭的に、打ち込みやオートチューンの使用によって、これまでのバンドサウンドだけなく、デジタルチックなサウンドへの挑戦をした。また大胡田の幽玄的な世界観の歌詞も、


パスピエ, PASSEPIED - (dis)communication [Full Ver.]

 

リリリップス

ディスコ調で懐かしい、けれども


[MV] リリリップス "秘密のファンキータウン"(11/8発売「MAKE YOU POP」収録)

 

ポップしなないで

キーボードとドラムのツーピースの異色なセカイ系ポップユニット。ラップのように軽快に口ずさみながら、キーボードやドラムが闊達に音を鳴らし、そして身体を揺らす。たったこれだけの楽器しかないのに、これだけで身体が反応するくらいに、おちゃめで気持ちいいので何度も見に行きたいバンド。


ポップしなないで - 魔法使いのマキちゃん

 

ポプリ

渋谷系のきもちいい、ふわふわした楽曲を聞きたいのです。おしゃれだけどポップ、かわいい、渋谷系といいつつ原宿の竹下通りに入って、そこから少し歩いたらファンシーなお店があったような、そういう出会い。いやポエム、ポップこそベスト。

 

 

タイミング -フィロソフィーのダンス3rdワンマンライブ

好きになる、距離をおく、嫌いになる。

何かって、その時の気持ちの持ちようや、気分や、環境や境遇やら、性格とか色々な要素が偶然の出会いと重なって、先にあげた気持ちの変化が起きる。

 

7/15、フィロソフィーのダンスの3rdワンマンライブでした。

 

アイドルオタクとなって、実はここ最近のワンマンライブが結構背負うものが大きかった。オタクがそんなものを背負うな、というのはごもっとも。買い支えるとか、布教とか、オタクのエゴだはごもっとも。だけども、知ってほしいし、いい景色を一緒に見たいし、そんなこんなで、実は重かった。

 

解散発表と同時に「Brass!Brass!!Brass!!!」レコ発ツアーのハウプトハルモニーワンマン、メジャーデビュー後の赤坂BLITZという大きな箱で行われたMaison book girlのワンマン、そしてハウプトハルモニーの解散コンサート。

 

変に気負った3月、4月、5月、6月。4ヶ月の月日が経ち、色々な思いを巡らせました。ただ、音楽は好きなんだなあ、と思っていたところで、心の隙間にすっと入ってきたのがフィロソフィーのダンスの日向ハルさんの存在でした。

 

以前から、「ライブじゃバリバリに格好いいな」「オタクがあげるチェキ、めっちゃ変顔なんすけど...」「お酒が似合う人でいいな」ってふと思ってて、そしてハウプトハルモニーのラストの日に、立ち寄ってくれたのがとても嬉しくて声をかけちゃった。

 

横丁で初めて聴いた「ジャスト・メモリーズ」は、今までのファンキーな楽曲のフィロのスではなく、ハルさんと奥津マリリさんの声に、佐藤まりあさんと十束おとはさんのコーラスが重なって、思わず泣いてしまった一曲を受けて、いいかもと思っていたグループが好きに変わった瞬間だった。

 

もしかしたら、それはそうなる運命だったのかもしれない。

ハウプトハルモニーの銀りん、寺田珠乃生誕で共演した時に、おとはさんから「(片付け)お疲れ様です」と声をかけてもらったとき。なかなかそういう声って、かけられるものじゃないからこそ、すごく救われる思いがした。フィロのスの人たち、アイドルだけじゃなくて、誠実さが伝わる素敵な人たちだなって。そんな人たちに、労いの言葉をかけてもらうなんてものすごく勿体無いけど、とても嬉しかった。

 

で、ワンマン。

 

フィロのスの曲に関しては、知らない曲の方が多いし、初めて聴く曲ばかりなんだけど、退屈せずに楽しめたのはやっぱりライブが楽しかったからなんだなあ、と思いました。それからMC、おとはさんが最後に、「最近は脱退やら卒業やら解散やらいっぱいありますが、私たちは大丈夫だから」的なことを言ってくれて、すごく救われる思いがしました。ありがとう、本当に。

 

はじめまして未来。

 

 

RHYMEBERRY / TOKYOチューインガム

残しておきたいのでもう一本。

ライムベリーの新曲のPVもアップされていました。


【MV】RHYMEBERRY - TOKYOチューインガム

こういう言い方はあまりしたくないのだけれど、ちゃんとお金も時間もかかって作られていると思われるPV。手間暇かけたものはそれだけちゃんと一つの作品として見どころがあるな、と思います。欲を言うなら、PV撮影時のNG集とかをエンドロールに流してくれても面白かったのかな、と思うこともあったり。

 

前回のBring It On Downはドラムンベースを基調にアッパーテンポなナンバーですが、好き嫌いはちょっとわかれそう。


【MV 】ライムベリー - Bring It On Down

 

新曲のTOKYOチューインガムは、HIP-HOPの文化の格好よさ-サブカルチャーであり、反権力であり、一方でヤンキー的な価値観を綜合したような-を表現しているようで、かつ山手線の駅を外回りに巡りながら落とし込んだ歌詞は、まさにレペゼン・トーキョーを体現しているな、と思うわけであります。

 

ハチ公 ばっち来い 激シブヤ(渋谷)ンキー からパンピーまで飲み込むパーティー 
胸 ドキドキ ハラハラ ジュク(原宿)ジュク DJ 回転中
この街は真珠く(新宿)みこんだmap  上空から見下ろせばワンダフル
眠れないなら行け梟(池袋) もっともっともっと上の(上野)方
開襟シャツ 襟 ガラ空き番(アキバ)長 なんだかんだ(神田)言う IT番長
東京 無関心 to the好奇心 バシ(新橋)っと決めた間違(田町)いない自信
要チェックしな ガワ(品川)コス最高 Let’s go Town だ(五反田)いじなのは行動
ヤバめ grow(目黒) up 西へ東へ ビス(恵比寿)ケット叩き増やす!TOKYO!

 

つまり、かっこいいから、Yo Check it Outしてくれってことで。

むすびズム / キミに夢CHU♡XX

記事にされていました。

むすびズムの登場から、再燃する80年代文化と時代の空気を考察

http://www.cinra.net/column/201706-musubizm 

 

初めて聞いた時に、すごくキラキラした音だなあと思ったのですが、一方で聞いたこともあるような懐かしい感じ。僕は当時の、80年代の音楽文化に浸かってきた人間じゃないけど、既視感となっているのはTommy February6が得意としたサウンドを聞き込んだ影響であると思うわけであります。

 

それはそうと、リーダーの木村ミサさんはモデルもされています。Zipperで掲載されていたマンガ『Paradise Kiss』がアニメ化され、主題歌がふとよぎります。

 


Paradise Kiss OP 「Lonely in Gorgeous」 Tommy february6 (4K)

 

「♥Lonely in Gorgeous♥」はアップテンポなナンバーですが、「EVERYDAY AT THE BUS STOP」などのミディアムテンポな楽曲は、スタイリッシュさよりも可愛らしさ、今でいうところの「ゆめかわいい系」なのでしょうか。Tommyの楽曲は、ガーリーさ、女の子という世界観を音楽で表現しようとしていました。

 

これに負けじとむすびズムの「キミに夢CHU♡XX」はラストのサビで半音が上がったり、シンセサイダーの使われ方もとても耳が心地いい。80年代のサウンドをアイドルポップに仕上げた「キミに夢CHU♡XX」、あえて解像度をぼやけさせて80年代を装ったPVも見どころのひとつです。

 


キミに夢CHU♡XX(MV) / むすびズム(musubizm)

 

(僕の一番の悩みは、山田なみちゃんのあの笑顔に釣られないかです)

2016年のライブ振り返り

まさか自分がアイドルにハマる...とは思ってなかったんですが、気づいたらこんなんです。 ライブの数はちゃんとカウントしてないので正確にはわからないんですが、50現場くらい行ったのではないかと。 そんな中でも割と印象深かった2016年の名アクト、ベスト10を挙げて、ライブの振り返りをしたいと思います。 

10位 7/24 ボートレース in TAMAGAWA

バニラビーンズ、Maison book girl、キラキラゲリラ、じゅじゅが、多摩川競艇場にて、レースが始まる間にライブを行う、そんなイベント。初めて聞いたバニラビーンズは、北欧の風というキャッチコピーの通り聞きなじみの良いポップスが印象的。 しかし、それ以上に印象を与えたのがブクガでした。 競艇場という競艇ファンしかこない場所で変拍子の曲を繰り広げ、そこに来たお客さんがどうノっていいか戸惑うのは、こういう場所ならでは。 そして、いかにブクガオタがサクライケンタサウンドに慣らされているか、というのを改めて身にしみた現場でした。

9位 7/3 Happiness!!-FAVORITE the IDOL-

Hauptharmonie主催公演。この日はハルモニーならずとも面白いアクトが揃った日でした。 あヴぁんだんど、黒猫の憂鬱、校庭カメラギャルせのしすたぁ、タタカッテシネ、ヤなことそっとミュート、オープニングシスターズ、そしてHauptharmonie。 印象に残ったのはあヴぁんだんどの曲が非常に洗練されていて音ゲーっぽい、北川勝利サウンドのような、そんな渋谷系チックなものを感じました。 校庭カメラギャルはダルそうにヒップホップをしながら、シニカルなリリックを繰り広げる感じは、機会あればまた見に行きたいなあと思わせるほどでした。

8位 9/18 changes of life vol.12

Hauptharmonie、Maison book girl、そして何よりsora tob sakanaが見れる神現場でした。生でみる「広告の街」は鳥肌もので、その他の曲も素晴らしかったです。 他には、CAMOFULAGE、ドリィムアビリティ、Sora Soundとアイドルグループがいたのですが、主催のCAMOFULAGEがわりと面白かったなあという印象があります。曲自体は特筆すべきものがあるわけではないですが、ライブ中でのフロアの盛り上げ方が上手く、解散が発表されたことは非常に残念です。

7位 1/23 おやホロ×ブクガ 深夜イベント

Maison book girlをちゃんと知ったイベントでした。けれどもこの時、おやすみホログラムはそこまでハマれませんでした(後日、アルバム「2」以降で好きになっているのですが)。 アルバム「bath room」の曲が主体だったし曲数は少なかったのですが、アコースティックもやったりと面白かったです。 あと、和田輪さんがふぁぼしてくれて、これがきっかけで好きになりました。

あと深夜のイベントなんで激眠いっす。。。

6位 むすびズム2周年ライブ ワンマン初心者 〜まほうのカギを挿してくれ〜

耳馴染みの良いポップスが聞けるグループとして、「マエヲムケ!」以降注目していたグループの初のワンマンライブでした。持ち曲全部をやったのかな?「まほうのカギを手に入れたら」、「ONE STEP」などyoutubeにあがっている曲以外にも楽しい曲や、「milky way」のアコーステックバージョンなどが聞け、またむすびーズ(むすびズムファン)も垂れ幕やサイリウム配布などすごく頑張っていて、会場全体が祝福に包まれていて幸せでした。 

5位 10/9 ライムベリーワンマンライブ Bring it on down

韻果MATSURIのライブでライムベリーを知って以来、推し箱ではないけれども行くと楽しいライブアイドルという位置づけになっています。 DJ OMOCHが7月に加入するも8月にMC MISAKIが家庭の事情により活動休止。 DJ OMOCH加入後のライブはリリイベくらいしか行けず、フルメンバーのライブはこのワンマンで観ることになりました。 ライムベリーはモッシュやダイブ、リフトみたいなことはせずとも音に合わせて体を揺らす楽しさがあって、純粋に楽しめる現場ではあるのですが、DJ OMOCHの爆発力 によってライブはさらに面白さを増しました。 推し箱ではないにしても、機会があればまた行きたいアイドルグループの一つです。

 

5位 5/15 Hauptharmonie主催公演 -Kindergarten-

メンバーの小川花脱退前ラストコンサートです。正直に言うと、小川花はすごかった、と改めて認識したコンサートでした。 Love likes a mille-feuilleは、白いロックを志向するハルモニーの名曲の一つだと改めて感じて、そして、花ちゃん、じゅのちゃん、ぴっちゃんが歌うassuage his disappointmentはもう聞けないということも。 assuageは今ではチガちゃんが花ちゃんの代わりに歌うようになったのですが、あまりにも、あまりにも、その3人で聞いた時を、今は超えられそうにない。 そのくらい、小川花という存在の強さを、歌声の強さを持ち合わせていたことを、ハルモニーの歴史の中での重みを感じました。

 

今までありがとね。

4位 ハウプトハルモニー結成2周年ワンマンコンサート 『しろくまばゆい』

ハルモニーは幸せな顔をしている方がいい。彼女たちが辛そうにしている顔を見るのは辛いのです。

ベッドイン会や、DM企画など、(ファンの)心が辛くなる企画でメンバーも病んじゃわないかな...とずっと心配していたのだけれど、ワンマンでようやく禊を済ませたような気がしました。ハルモニーは色々あって炎上もいっぱいしたけれど、良質な音楽を届けてくれるグループ。彼女たちの言葉に嘘はなくて、だからついて行きたいと思得るのです。

憂さが晴れたように楽しそうに歌い、踊る彼女たちを見て、本当に良いライブだと思いました。

 

01.BUDDY
02.(the garden was alive with) all sorts of flowers
- MC -
03.Anne Hathaway's Morning
04.yearning
05.シャンパンゴールド・トワイライト・ラグゼ
06.トゥー・スウィート・トゥー・リブ
07.きらり
08.assuage his disappointment
09.SUPER KIMIWOTA LOVE STORY
- MC -
10.Alice in Abyss
11.Tempting 10 Attempts of Temperance
12.Old Gaffer’s Confession
13.LAST CHANCE(幸福の妨げ)
14.Caterwaul
15.Kidnapper Blues〜人攫いの憂鬱〜
16.ソプラノ・オーバードライブ
17.Love likes a mille-feuille

en1.国王
- MC -
en2.FORTUNE LOVE
en3.パラレルワープ
- MC -
en4.Until(仮) 

3位 2nd oneman live「Solitude HOTEL 2F」

フロアで 踊りたいけど踊れないとブクガオタの鬱憤を晴らすかのように、cloudy ironyが流れモッシュピットと化したフロアは、karmaで最高潮を迎えた。ブクガについて行けば、さらにいい景色を見られるであろう、期待が膨らむワンマンライブでした。

opening SE
1.cloudy irony
2.snow irony
3.bath room
4.sin morning
5.film noir
6.remove
7.last scene
8.最後のような彼女の曲
9.karma
10.faithlessness
SE
11.14days
12.empty
13.lost AGE
14.bed
15.blue light

En1.cloudy irony
En2.my cut

やはりmy cutは盛り上がります。 

2位 ekoms presents Winter Wonderland

クマリデパート、ヤなことそっとミュート、Hauptharmonie、二丁ハロ、せのしすたぁおやすみホログラム、Maison book girlのメンツで面白くないわけがない。それぞれのライブで感化されるように、フロアが熱狂の渦に包まれていきました。来年もまたこのメンツで見たいです。

 

 1位 4/16 Maison book girl×Hauptharmonie in OSAKA

先攻Hauptharmonie、後攻Maison book girlで、LOFT WESTで行われた対バンイベント。ハルモニーは何かが吹っ切れたように熱いライブをした。正直なところ、なぜこんなにも混沌としたのか不思議でならないのですが、あの日、あの時、一番楽しいライブをしたのは確実にこのライブハウスでした。この日のセトリは以下の通りです。

1.(the garden was alive with) all sorts of flowers
2.パラレルワープ
MC
3.yearning
4.almsgiving
5.ボウ
6.瞬きのsummer end
7.Tempting 10 Attempts of Temperance
8.Caterwaul
9.Kidnapper Blues~人攫いの憂鬱~
10.ソプラノ・オーバードライブ
MC
11.Anne Hathaway’s Morning

 今でもこのセトリなら泣いちゃうし、沸いちゃうやつですよね...。で、後攻のブクガはそんなハルモニーが盛り上げた熱をそのままに、熱狂の渦の中に落として行きます。

1.snow irony
2. blue light
3.last scene
4.Remove
MC
5.最後のような彼女の曲
6. film noir
7.bath room
8.my cut
9.bed
MC
10.lost AGE 
一曲目のsnow ironyで、確実にフロアのテンションをあげ、当時の持ち曲を全てやりきりました。my cutではモッシュが起こり、ライブでの激しさを物語っています。改めて、好敵手であり、お互いに高めていきたいグループ同士の衝突は甲乙つけがたく、Maison book girl、Hauptharmonieの双方を好きになってよかったと思います。素晴らしいライブでした。

 

2017年はどんな素晴らしいライブに出会えるのでしょうか、楽しみでなりません。

過疎現場から得たものを

TOKYO IDOLISM、2日目に参加しました。

セトリおばさんが今日も仕事してくれてます。

 

 

語るのは野暮なんだけど、1曲目のassuage、幅広い楽曲を誇るハルモニーだからこそ、こういう芸もできる。ワンマンの告知で滑り倒したけど、実際は楽曲派で、歌唱力も高い。というか、1、2、3曲目、ともに難しい曲なので、これをさらっとやるハルモニー、地味に凄いんですよ。知っている人しか、伝わらないことなのだけれど。

 

で、最後が「国王」でした。

 

 

正直、過疎現場すぎてやばかったのですが、だからこそ魅せ方を考えて、セトリを組むハルモニーほんっと凄いなと思った次第でございます。

 

(あと、クマリがありえん可愛くて、なんとなくサイリウム持って行こうと思って持って行ったらさおてゃんに使えて良かったです、以上)

ワンマンライブ Bring It On Down @WWW X

会場にはギリギリ10分前、フロアは満員とまでは行かないけれども、前方から後方まで、ある程度の人がいた。おそらく、どっかの現場を干してきたんであろう、例えば盟友せのしすたぁの帽子をかぶったオタクもいたし、主現場ではない人も、このライブを楽しみにしてたんだと思う。

 

照明が暗くなり、「Bring It On Down」がスクリーンに映し出される。 「Bring It On Down」は見ての通り、渋谷駅から渋谷WWW Xへと行くまでの映像が入っている。 そして「Bring It On Down」の再生が終わった後に、控え室からステージへと向かう映像をスクリーンに映し出され、メンバーがようやく登場する。

 

セトリはあんまり覚えていない。 と言うか正直知らない曲も多かったので、セトリが書けない。 と言うか、僕はライムベリーは好きだし、動向もチェックしたりしてるけど、頻繁に通うほどのファンじゃない。のだけれど、知らない曲を多くても楽しめるライブだった。そういうライブが出来るグループは本当に貴重だと思う。そんなお客さんでも楽しませられるアイドルグループは貴重だと思う。

 

f:id:mu_min88:20161010001231j:plain

 

「HAPPYLUCKY」やTARGERTでは音に合わせ飛び跳ねたり、すごく楽しい。「because of you」や「Fly High」のようなしっとりとしつつも聞き入れる曲たち。 そして「MIRRORBALL」ではフロアがごちゃごちゃになり、モッシュが起こる。続けて「韻果録」ではフロアは最高潮に。

 

メンバーのことについても少し書こうか。

 

DJ OMOCHI、フロアを盛り上げ役として彼女が入ってくれて良かった。いい意味でも、悪い意味でもぐちゃぐちゃにかき乱す。 もっとDJが出来るようになったら、あっと言わせられると思う。だから、すっごく今後に期待してる。

 

MC MISAKI、1ヶ月ほどお休みして、その間に、OMOCHIちゃん、MIRIちゃんの二人の動画を見たりもしたのだけれど、 やっぱり彼女の声が必要なんだと今回のワンマンで感じた。お世辞にもラップスキルは高くはないけれど、彼女のふわふわとした フロウが、ライムベリーをアイドルグループに繋ぎ止めるためにある。「because of you」はかなり好き。

 

MC MIRI、圧倒的なラップスキルは、ラップアイドル界でも屈指の実力で、のみならずパフォーマンスも秀逸だと思う。 客への煽りも、立ち振る舞いも、アドリブも、それが自然にできているから秀逸なんだと思う。 パンチがあってキレもある声で、早いラップを繰り広げる。彼女がいるからこそ、ラップアイドルグループとして、他のグループとは一つ飛び抜けていることを実感出来る。

 

ライブに行ったことがなくても、極上なサウンドとフロウを聞きながら、体を動かすことが出来る。ただただカッコイイ、それだけでいいじゃないか。たぶん、今そう感じさせられるアイドルグループのうちの一つが、ライムベリーなんだと思う。