MUSIC NOTE

主に音楽(アイドル)の話をしています

フィロソフィーのダンス 日向ハル聖誕祭 @ 渋谷O-WEST

フィロソフィーのダンス日向ハルさんの生誕祭でした。 セットリストは以下の通りです。

1 すききらいアンチノミー
2 エポケーチャンス
3 VIVA運命
4 アイドル・フィロソフィー
5 ジャスト・メモリー
6 ダンス・ファウンダー

[ハルちゃんの今後]
[ハルちゃんのこんな話]
[プレゼントコーナー]

7 喝采(ちあきなおみ)
8 接吻 Kiss(ORIGINAL LOVE)
9 ロマンスの神様(広瀬香美)
10 SHAKE(SMAP)

en.1 いつか大人になって
en.2 ベスト・フォー

カッティングギターが気持ちいい「すききらいアンチノミー」から始まった日向ハル生誕祭、「エポケーチャンス」や「VIVA運命」、「アイドルフィロソフィー」といったアッパーでハルちゃんのボーカルが際立つ曲でフロアが揺れる。「ジャスト・メモリーズ」で小休止したと思いきや「ダンス・ファウンダー」とがっしり詰め込んだ前半戦に、思わず笑みと泪があふれてしまいます。

小さい身体でありながら、その逞しく響き渡る声に、何度も何度も救われたのだけれど、本当にハルちゃんが、フィロソフィーのダンスがいてよかったと思いました。

新しい痛みね
でもあなたにとってみたら
何回目の思い出なの?

嘘とか、涙があったわけじゃないけれど
「もっといい恋があるよ」
そんなセリフなら、胸にしまって?

「ジャスト・メモリーズ」のこの歌詞は、ある意味残酷な歌詞だと思います。
読めば読むほどにバッドエンド、ハッピーエンドではなく、バッドエンドだった。そんな歌詞です。しかしそこには、ちゃんと救いもあります。

それがまた「どこか」重なるそんな日までは

面影を追いかけているわけではないけれど、何か急にふとした瞬間に、「楽しかったあの日々」を思い出すように。重ねているわけではないけれども、それはフラッシュバックのように襲ってくるように。バッドエンドでも、それに出会えたことは間違いじゃないから。

そして「ダンス・ファウンダー」の歌詞。

「ただのよかった過去」なんてないんだ
誰もまだ知らない世界で踊れ

そう、「ただのよかった過去」なんてないんだ、見つけたよ、新しいダンスを。

・・・

ハルちゃんは衣装替えのため一旦捌け、その間メンバーがハルちゃんのここだけの話をすることになりました。

おとはすはハルちゃんが食事中に会話をすると、よくご飯つぶやら唾が飛んでくると言っていました。マリリちゃんは、当初アイドルって何って悩んでいたハルちゃんが、今や「ゴリゴリのゴリ」なんて言うような正直な気持ちでやってくれててよかったと言っていました。あんぬちゃんは、ベボガとのコラボのとき、脱衣場で全裸を見せつけてくるといったエピソードを。豪快、豪胆でありながら実は繊細なところもあるハルちゃんの一面が見えた気がしました。

・・・

そして衣装替え後、バンドセットにて始まった「喝采」、「接吻 Kiss」のしっとりとした曲。まさかORIGINAL LOVEを推しの生誕で聴けるとは思いませんでした笑。そして広瀬香美さんの「ロマンスの神様」を披露。しっかりとしたボーカル力はまさに圧巻で、本当に心地よい。最後はおとはす、マリリちゃん、あんぬちゃんを加え「SHAKE」を披露しステージを捌けました。

アンコールではなく「ゴーリゴリ」というコールで会場一体となってハルちゃんを求め、バンドセットにてソロ曲「いつか大人になって」を披露。最後に4人で「ベスト・フォー」を歌い上げ、最高の生誕祭となりました。

セットリストはもちろん、改めて日向ハルちゃんの人としての素晴らしさを感じた一日でした。「日向ハル推しと胸を張れるようなアイドルになる」といったけど、少なくとも僕はハルちゃんを推しててよかったといえるよ。ハルちゃんを見つけられて良かったよ、ありがとうね。