京都旅行(201810)

京都旅行に行った。
美味しいお店、あまり観光はせず、ただただ食してばっかりだったけど、これはこれでいい楽しみ方なのかなと思った。

新福菜館 本店

黒いスープ。学生時代は行列を見つつスルーしていたあの店に突撃。醤油ラーメンは見た目ほどしょっぱくなく、気をつけないとスープを飲みすぎてしまう。何よりチャーハンがうまい。ラーメン×チャーハン、この組み合わせは、ストロングスタイル。

http://www.trip.kyoto.jp/plan/ramen_2016_0628/22/

手打ちそばみな川

塩をつけて食べる天ぷらはやはり贅沢の極み。と思ったら1800円と案外高くない。お蕎麦はのどごしがよく、つるつると食べられるのが良い。 奥さまは鴨南蛮を頼んでいた。こちらは汁がめちゃんこ美味い。秋のよるに優しい味。

minagawa-kyooike.owst.jp

京都ロビンソン 烏丸

ついついパンの匂いにひかれてしまう。たまごサンドを食べようと思っていたのに、行列に並んでいた。焼き立てのパンが食べ放題、それに並ばない理由はないよね。

かぼちゃのスープは素材の甘みを感じるのがグッド。これをパンに付けて食べて、満足。メインの鶏肉のディッシュ、に合わすのもパン。パンパンパン。メインはやはりパン。

やはり焼き立ては美味いなあ。甘いパンも、惣菜パンも、一口、二口で食べられるような大きさなので、いろいろな種類を食べられる。しかしそれでも食べきれないほどに、たくさんの種類。大満足でした。

おうちごはん中島屋

ポテトサラダ、まずこれが目についた。ポテトサラダが美味しいお店に外れはない。
それを食べながら、自家製ジンジャーで作ったシャンディガフをいただく。
牛すじ大根はだし汁まで飲む。絶品。
厚揚げの焼き物、豆腐をわざわざその場で揚げてから、さらに焼く。その手間に感服し、味にも感服。
秋の味覚、サンマはふっくらとした仕上がり。途中で頼んだご飯が進む。
からしレンコンの天ぷらは予測どおりの味、これはアルコールとちょうどいい。
唐揚げは、このぐらいの大きさのボリュームがうれしい。

ちびちびと、クリームチーズの味噌漬けを食べ、お酒を飲みながら、歓談。
ゆったりと、時間が過ぎていきます。

卵かけご飯。
鰹節は足りなくったらかけてください。つまり、無限鰹節。
最後の締めにTKGはいいじゃない。

ouchi-nakashimaya.com

京都はうまいもんでいっぱいである。
以上。